ゲーム

【英語物語】初心者用、対戦イベントの基本

対戦で重要なのはデッキ構成、タゲ、回答順調整、完全敗北阻止(ランク数が2つ下がる)などがあるが、まずは初手に火力をもっていく事をお勧めする。通常で揃えれるゆるは完凸のものを使う事。
現状ランク数の変動は細かく表示されないが0.5刻みになっていて
勝利+1.0、完全勝利+1.5、敗北-1.0、完全敗北-2.0らしい。
完全敗北だと必ず2つ下がり完全勝利は2回達成すると2上がる感じ。

まず基本的な所でイベントの地域のキャラはイベ補正でHP、火力とも1,5倍になる。
大体イベ補正つきの強キャラが初手に並ぶ事になるので資産が無いプレイヤーは苦戦することになる。

ある程度高めのコスト帯なら初心者は高火力キャラを初手にしてほしい。火ならくまのたん、浅ちゃん、水なら青龍、風なら竜也、トッキー辺りから選択するのが無難。

理由として初手で撃ち漏らすと生存補正がかかり強キャラが更に強くなってしまうので生き残るキャラが多いと巻き返すのが厳しくなる為。低ランクの人ほど高HPで自分だけ生き残ろうとする傾向が強いように思うが仮に生き残っても元の火力が低いので生存補正が活きない。相手との火力差が広がるので当然勝率は上がらない。

次に覚えるべきはタゲで初手はほぼスキルが発動しないので比較的覚えやすいと思われる。自分がどのキャラなら倒せるかを把握して最終的に5キャラがどうタゲれば一番効率いいかを考えていく。

例えば初手でよく使われるアテナは敵の風キャラを譲ってあげるなどする必要がある。


あとは良く見かけるのがH・Fウーマン(鰹)など庇うキャラが複数でた時でのスキル有無のミス。正確な所は場数を踏むしかないが基本的に全体攻撃や火力の高い連撃などが居る時は1人で耐えれない場合が多い。尚、幽霊での攻撃は庇うなどダメ軽減や吸収の影響を受けないので非常に重要なものとなる。庇うキャラや100%ダメカットキャラ等を覚えて味方より先に攻撃を当てるように回答を早くしたり、幽霊時は吸収を無視してどこでも攻撃できるので幽霊のダメで倒せそうな瀕死キャラを攻撃するというのが有効になってくる。

 

下画像のミスを見てもらいたい。
相手2と3が全体攻撃スキル(全体は5キャラ残っていると庇う時に5回攻撃されるので火力が相当高い)、4が水に対し999%攻撃力増加なのでこの場合、耐えれない。

3のit’s OK!は間違っている事になる(一応4もダメ集中だがHPや耐久力が低い為効果は薄い)
覚えておくべき事は「庇う」はスキルを後から使った方から吸収するという事。

鰹の次に遅延キャラなど入れていた場合、早く倒されて遅延したほうが効果が高い事が多い。
デッキ構成によっては早く倒される事も重要になる。


前述の補正があるので基本的には生き残った敵を先に倒すことになるが自分が高火力なら高HPの敵をタゲって低火力ならHPが削れてるキャラや低HPの敵をタゲる感じにすると効率がいい。
ただ見た目でタゲっていてMZRだというだけで初心者は避けがち。MZRでも画像のようなHPが低いキャラは結構いるので覚えていく事。


注意しないといけないのが全体攻撃属性盾
味方に全体攻撃がいる時にHPがミリの敵や最大HPが低い敵が残っていたら全体攻撃のキャラに任せて先に回答をさせるのを意識すること。
風吸収の敵が居たら風(水風や三色含む)はダメが軽減されるのでそれ以外の属性がタゲって味方の風より早く回答をする必要がある(色変で回避なども可能)。ここらはBランク帯など普通にタゲミスが連発している。




あと残機を把握する事。初心者帯では1人だけずっと倒されずに残って補正で無双する事が多々ある。キャラを長押しする事で敵味方共、残機やスキルなどが分かるので活用すること。
そして可能ならイベントはぶん回すこと。筆者はCまで転落しようが回数を重ねてチケットを集めガチャを回してキャラを強化している。加えて経験値やゴールドも良いのでlvが上がってやる気の回復量が増えて効率が上がり、ゴールドが増えれば色違い進化キャラも作れるようになる。

回答順調整には英語力をつける必要があるので「ゆるポ」が貯まったらネギtheダーウィンを買って、やる気消費の低い所で問題を繰り返すのがいい。対戦で問題難易度が高いほどダメージ量が上がり自力回答だと更に増える。
ちなみに日曜日島で手に入る「渇求するネギの果て」を進化させてもダーウィンになる。あと福引き3等のK・ワンダーはそのまま売ると500ゆるポだが完凸した場合、次の1枚から10000になる模様。

とりあえずこんな所。タゲは重要なので毎回タゲって考える事が早く上達するコツだと思われる。
気づいた事など増えたら追加していく予定。

お勧め記事